検索
  • 寺嫁ひろか

小祥忌


その昔、羊は神聖な儀式に登場する、とても縁起の良い動物でした。

そして「示」という漢字は、祭壇を表し、祈るという意味を持つようです。

この二つを合わせると「祥」という字になります。

仏門では、1周忌のことを「小祥忌」3回忌のことを「大祥忌」と呼びます。

供養の場に何故、晴れやかな漢字を使うのか疑問でしたが、ひもといてみれば(祈る=供養)という、純粋な由来だったのですね。

二七年 啓明 正壽寺 宏香

#仏教 #小祥忌 #寺嫁のひとりごと

0回の閲覧

金剛山 正壽寺

〒451-0051

名古屋市西区則武新町1丁目8番2号

TEL  052-551-6081

Copyright © 金剛山 正壽寺 All Rights Reserved