検索
  • 寺嫁ひろか

木魚


中国の宗時代から使われはじめ、後に日本へ伝来した木魚ですが、今では打楽器としても注目を集めています。

法要や食事を知らせる合図に、目を閉じない(眠らない)魚にあやかり一心に修行に励もうと、魚を模した木の板(魚鼓)を打ち鳴らしたことから始まりました。

現在、愛知県内の数件の工房のみ、国産木魚を制作しています。

本堂の木魚は昭和14年寄贈のもの、いよいよ円熟し心地よい音色で悟りの道へ誘います。

二七年 桂月 正壽寺 宏香

#仏教 #木魚 #寺嫁のひとりごと

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

閻魔

弁才天