検索
  • 寺嫁ひろか

比丘


仏道の修行者のことを比丘(僧侶)・比丘尼(尼僧)と呼びます。比丘と乞食の語源は同じで、サンスクリット語のbhikṣu(ビクシュ)=食を乞うもの。

古来インドでは出家したものは在家に食を乞う行をおこなったことからビクシュニーと呼ばれ、それが後に中国に伝わった際、音訳「比丘」・漢訳「乞食」と訳されました。のちに乞食行で鉢をもってまわったことから「托鉢」ともよばれるようになりました。

二八年 鴻雁来る 宏香

#寺嫁のひとりごと #禅 #仏教 #比丘

0回の閲覧

金剛山 正壽寺

〒451-0051

名古屋市西区則武新町1丁目8番2号

TEL  052-551-6081

Copyright © 金剛山 正壽寺 All Rights Reserved