検索
  • 寺嫁ひろか

法界定印


坐禅のさいに、右手の指に左手の指をのせ左右の親指をつなぐかたちをし、これを法界定印と呼びます。

悟りに入るための印だそうですが、重ねた指で包容を、つないだ親指で一期一会を表現しているようにも思えるのです。

二五年 長月 正壽寺 宏香

#寺嫁のひとりごと #仏教 #法界定印

128回の閲覧

金剛山 正壽寺   〒451-0051 名古屋市西区則武新町1丁目8番2号   TEL  052-551-6081

Copyright © 金剛山 正壽寺 All Rights Reserved